企業沿革

1994年からMEKKEMはカーボン繊維素材から作ったショック アブソーバー(衝撃吸収装置)の開発を投入し、市場に応じるカーボン繊維の自転車のショック アブソーバーの開発を成功しました。それにアルミニウム合金とカーボン繊維を結合し、MEKKEMは正式的に自転車産業に入りました。MEKKEMは自転車が好き、及び航空工業の知識を持っている人々から構成しています。理論基礎だけではなく、実務経験操作も結合し、こういうハイテクノロジーの素材応用は絶対に自転車の性能を大幅に向上させると信じています。MEKKEMの目的は部品を別の材料で作るだけではなく、ハイテクノロジーを運用して自転車の部品を作ります。自転車の安全性は非常に大事なので、われわれはもっと厳しい安全検査基準を探し出します。

複合材料

MATRIXはアルミニウム(または合金)カーボン繊維、この二つ材料を結合する製作のプロセスです。この目的はこの二つ材料の長所をちゃんと発揮します。カーボン繊維材料は軽く強いですが、砕けやすい特性があって、それに砕けるときに全然何にも兆しがありません。合金材料は重いですが、曲がりやすい特性があります。材料を使用中に必ず乗車者に兆しをあげなければいけなく、乗車者が自分自身に自己保護の反応を生じさせます。多数の自転車部品は安全のために砕けの代わりに曲がりの方が取って、使用者に傷害することを避けます。そこで、ちょっと合金を用いて曲がりを生じて、それに大部分はカーボン繊維を利用して、重さを軽減して強さを増加するコンセプトが形成してきます。現在、少数工場は複合材料が生産でき、MEKKEMは既にフォーク、シートポスト、リム、ステムなどの各種MATRIX部品を開発し出ます。

発泡材料

カーボン繊維の砕けやすい特性はほとんど避けられません。MEKKEMは最高の解決方法が低密度の発泡材料をカーボン繊維に注ぐのは開発しました。実験資料により、こういうやり方は大幅にカーボン繊維の強さを向上し、弊社はこの科技がシートポスト、リム、ステムなどに運用します。

クロスバー

カーボン繊維は非常に張力があって、設計中に最も大事なのはカーボン繊維の曲がり強度です。カーボン繊維の強度を増加する一番良い方式はカーボン繊維を強く連結します。このクロスバー(Cross Bar)の方式はカーボン繊維の強さが30%を向上でき、弊社はこの科技がシートポスト、フォーク、リム、ステムなどに運用します。

カーボン繊維の工場が多いですが、上記の科技の運用はMEKKEMと他社を区別させ、この原因で、MEKKEMは同業者の中に遥かにリードします。MEKKEMの存在する目的はカーボン繊維が利用できるだけではなく、大事なのは、どうすれば良質なカーボン繊維自転車部品を作られますかということです。これはわれわれのチームが他人と異なっているキャラクターです。